通信容量節約の為に広告ブロックアプリ(無料)を入れて快適ネット

最近ネット・・とりわけブログを書いている人やサイト運営者の間でiPhone6S登場と共に騒がれているのが広告ブロックと言う話をお知りでしょうか?

広告ブロック??

当ブログでも他のブログやサイトにも記事の始まりや途中、最後に広告が表示されています。

この広告をブロックしてスマホに表示されないようにしちゃうアプリがあるのです。

どういう人が使うのかは知りませんがそもそもこういうアプリを使う人が広告をクリックしてくれるとは思っていないので気にしません。

が、あえて今回はiPhone及びアンドロイドスホマを持っていてまだ広告ブロックアプリを使ったことがない人に向けて発信していきます。

スポンサーリンク

広告ブロックアプリは通信容量節約に大きく貢献します

広告が出ないだけでサクサク表示を実現

スマホでネットに繋げ検索を掛けて出てくるサイトやブログを読もうとした時、広告が記事の書き始めにある場合は読み込む速度が少し遅くなります。

もちろん通信容量もその分余計に使っているので必要の無い広告の場合、閲覧者にとってはこれほど無駄なことはありません。

こういう問題がこの広告ブロックアプリを使うことでサクサク表示されるようになりますし、通信の無駄もなくなると言うことです。

スマホでどのように広告が表示されるのか?

普段から広告などをあまり気にしない人もいらっしゃると思うのでどんな感じで表示されているのかをお見せします。

当ブログをスマホで見た場合の雰囲気になります。

通常のブラウザだと広告が表示されます

スマホ依存症から脱出するにも格安スマホは最適ですと言う前回の記事を使って表示させました。

まずリード分と言いまして本題に入る前のステップで一度広告が表示されています。

広告のすぐ下に目次がありますから記事の始まりでの表示。

使っている端末はiPhone6プラスのブラウザはグーグルクロームになります。

次にこちらです

記事下の広告もこのように表示されています

各記事を最後までお読み頂けた場合には記事下にも一つ広告が表示されます。

「スポンサーリンク」と書いてあるのが広告と言うわけです。

この広告を無料のアプリで表示出来ないようにしようと言うのが今回のアプリです。

iPhone用の無料で使える広告ブロックアプリ

まず初めにiPhone用の無料アプリからご紹介。

スマホの広告ブロックで消すEXブラウザ!速い&軽いiPhoneアプリ版ブラウザー
スマホの広告ブロックで消すEXブラウザ!速い&軽いiPhoneアプリ版ブラウザー
開発元:Extrade,Inc.
無料
posted with アプリーチ

こちらのアプリは無料で入手出来ますので早速入れてみてください、かなりサクサク動きますのでsafariやChromeから乗り換えてもよいぐらいです。

iPhone用広告ブロックアプリ

実際にダウンロードして使ってみました。

同じように今回は自分のブログの記事で確認しましたらやはり広告がブロックされているのがわかります。

上の画像の右側に赤い四角がありますが、本来であればここに広告が表示される予定なのです。

iPhone用の広告をブロックするアプリだとこうなります

同じように記事下の広告も表示が消えていますね。

たったこれだけで無駄な通信費の節約になります。

アンドロイドスマホ用の無料広告ブロックアプリ

次はアンドロイド用のアプリです。

Adblock Browser for Android
Adblock Browser for Android
開発元:Eyeo GmbH
無料
posted with アプリーチ

こちらはもっと凄いです、スポンサーリンクの文字まですべて消してしまう優れものです。

アンドロイド用広告ブロックアプリの場合

同じように同じ記事を使って実験です。

綺麗に広告が消えました

いかがでしょう?

上の画像を見るとわかると思いますが本来ある広告が全く表示されず「スポンサーリンク」の表示も消しています。

アンドロイドスマホをお使いで無料で広告の表示を消したいアプリを使うならかなり良いアプリだと確信しました。

僕は自分のアンドロイドスマホではAdblock Browserを使っています。

サクサク動き、無駄な通信も使わない、一石二鳥的なアプリです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>