楽天スマホにした場合とソフトバンクiPhone6の料金比較

安い安いと言ってもほんとはそうでも無いんじゃない?

なんて声が聞こえてきそうなので今回は実際に楽天モバイルのスマホ+格安SIMに乗り換えた場合の料金シミュレーションを【楽天モバイル】 の公式サイトでしてみました。

ただし、人によってスマホの使い方が変わるのでこの部分はあくまでも私の使い方を元にします。

シミュレーションは各々の使い方次第で当然変わりますのでご自分の使い方を吟味してみてくださいね。

スポンサーリンク

ソフトバンクの料金と楽天モバイルの料金の差が凄い

楽天モバイル公式サイトで試算してみた

まずは現在私が使っているソフトバンクのiPhone6プラス64GBの利用料がわからなければ話になりません。

マイソフトバンクから毎月払っている利用料金を出してみます。

ソフトバンク利用料金

5月は9691円、6月は9940円、7月は8669円と8000円から10000円の間を行ったり来たりしているようです。

次に7月請求分の内訳をどうぞ

ソフトバンク内訳

内訳はご覧の通り、基本料金934円、パケット定額料等5200円、通話・通信料466円、オプションサービス300円、その他2円、月月割-2153円、端末代金等3920円とあります。

やはりパケットが高いです、それからiPhone6プラスの携帯端末代が大きく占めてきました。

現在このような料金体制からどれぐらい変わる物なのか、楽天モバイルの公式ページにある料金シミュレーションを使って試算してみました。

☆ここから以下の画像は全て楽天モバイル公式サイトの画像を使っています。

簡単月額料金シミュレーション

楽天モバイルの公式サイトトップページの中央より少し下へ行くと上記のように「かんたん月額料金シミュレーション」が出てきますのでクリックです。

現在の利用料を入力してスタート

簡単料金シミュレーション開始、現在毎月の支払い額の平均を入力する。

開始直後は上記のように6500円になっていますが実際に自分が払っている料金の平均を入力しましょう、今回は8000円にしてスタートしてみました。

楽天スマホの端末を選択します

どの端末が良いのかわかりませんので、今回は一番お値段の高いお財布ケータイのついているXperia? J1 Compact54,800円を選択して先に進むことにしました。

通話SIMを選択する

機種を選んだなら次はSIMを選択します、もちろん電話機能がないと意味が無いので「通話SIM」をチェックして先に進みます。

MNPを利用を選択する

MNPの選択に関しては新規でスマホを購入する場合は「いいえ」

現在使っている電話番号を使いたい場合は「はい」を選択して先に進みます。

データ通信量の選択

たぶんここが一番頭を悩ませる質問なんですよね、データ通信量ってどれぐらいあれば良いのかがわからないわけです。

ちなみに私がここ3日ぐらいでどれぐらい使っているのかを見てみました。

通信量の目安

上の値はマイソフトバンクから引っ張ってきた私のアイフォンの使用量です。

28日と29日は外に出ていたので使う量が増えていますが30日は仕事でデスクワークのときです。

なので間を取ってもさほど使っていないようですがこれが30日間だと結構な量になるので今回は試しなので5GBを選択して先に進んでみました。

端末の支払い方法

次が端末の支払い方法を選択します、お金持ちなら一括払い、私は分割払いを選択してみました。

支払い試算

さてようやく結果が出てきました、これはあくまでも試算ですから気をつけてください。

また通話料は入っていません

それでも毎月4433円あればスマホが運用出来ることがわかりました、これだけでおよそ半分の料金になりますね。

一年で40000円ほど得になりお金が節約出来ることがわかったわけですが結構ビックリするぐらい安くなるようで嬉しいです。

この試算では端末を一番高いものに設定しているのでもう少し安い物もあります。

一番安いスマホ端末で通信容量をベーシックで試算してみた

ZenFone5、5型ワイドTFTカラータッチスクリーン、8GBモデル一括払い※1: 26,400円

スマホの性能のことがわかりませんが楽天モバイルで扱っている機種は全部で8種類、その中で単純に端末の金額が一番安い物をピックアップして試算をした結果です。

一番安い試算

なんと2350円で運用が出来ることが判明しました。

年間で65000円も節約が出来るとは驚きですよね、楽天モバイルの縛りは1年なので一年で計算しています。

ここまで来てしまうともう節約とかそういう話ではなく単純に安いです。

料金だけじゃないポイントも

激安のスマホ料金になって喜ぶのはまだ早いですよ。

この料金に対してもちゃんと楽天のポイントが入ってくることが実に凄いですよね。

こうやって考えると楽天を普段から使う人は他の事業社にいかずに【楽天モバイル】で節約生活を始めることには意義があります、早速MNPしちゃいましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>