スマホ2台持ちや子供用ならFREETELが料金や端末などで一番魅力かも??

子供用に楽天スマホを検討中です。

小学生のスマホ事情に楽天モバイルは活躍するのか?

小学生にスマホなら楽天モバイルのベーシックプランで決まりか?

と色々と悩んでいたところに「あっ!!」と思い出しFREETELと言うところを思い出しました。

通信料は使った分だけFREETELと言うMVNOが気になる以前に書いた記事です、この時も確かにグラグラした記憶がありますがやはりメインで使う端末は楽天モバイルにすることにしました。

ポイントがありますからね。

そして良く料金表や扱う端末を見ていて実際には子供に持たせるとは言え、自分が2台持ちになるのと同じであれば楽天のポイントも大事ですがなによりも毎月のコストのことを考えるとFREETELで契約したほうがお得なんじゃないかと思いました。

スポンサーリンク

縛り無し通信費は使った分だけ端末も安いと良いことだらけのFREETEL

FREETELの端末は安い

僕は楽天モバイルを使っていて尚且つこのブログは楽天モバイルを押していますが良い物は良いで、読む人が得をするのであれば楽天以外も紹介します。

まぁ当たり前の話なんですが、誰でも自分のスマホならもう少し考えるのでしょうが子供用に考えるのであればそんなに凄い機能がなくたって良いわけで端末だってかなり安い物のほうが良いに決まっていますもんね。

FREETEL(フリーテル)

用意されている端末で安い物は2機種

KATANA01

KATANA01

↑機能などは個人的にはどうでも良いので知りたい方はどうぞ調べてみてください。

家でwifi環境下でネットに繋がり、外で少し繋がり、親からの通話を受信出来て通話が出来ればそれで良いので特別な機能は必要を感じません。

ですから価格が一番重要なんです、12800円のSIMフリー端末とは恐れ入りますね。

いつでも購入出来そうで嬉しいです。

Priori3

Priori3LTE

↑こちらも機能などはまったく調べていないのでわかりませんw

本体のカラーに可愛い色があり、どれでも買いな感じです、こちらも12800円のSIMフリー端末です。

どうでしょ?

小学生の女の子に持たせるには丁度良くないですか?価格的にも、色合いも。

FREETELは2年縛りなどは無いです

縛りはありませんが使った利用期間によって転出手数料が変わります

契約当月の MNP 転出 15,000 円
契約後 2 ヶ月目の MNP 転出 14,000 円
契約後 3 ヶ月目の MNP 転出 13,000 円
契約後 4 ヶ月目の MNP 転出 12,000 円
契約後 5 ヶ月目の MNP 転出 11,000 円
契約後 6 ヶ月目の MNP 転出 10,000 円
契約後 7 ヶ月目の MNP 転出 9,000 円
契約後 8 ヶ月目の MNP 転出 8,000 円
契約後 9 ヶ月目の MNP 転出 7,000 円
契約後 10 ヶ月目の MNP 転出 6,000 円
契約後 11 ヶ月目の MNP 転出 5,000 円
契約後 12 ヶ月目の MNP 転出 4,000 円
契約後 13 ヶ月目以降の MNP 転出 2,000 円

MNPの転出手数料を教えて下さい | freetel

あとは契約時に3000円が掛かるだけ。

通信費は使った分だけ

自分が月にいったいどれぐらいの通信を使うのかは各キャリアの明細などに記載されているはずなので確認してみてください。

かりに5GBであった場合には2220円となりますので今のキャリアよりはかなり安いはずです。

でもこの通信費は使った分だけの請求になるので今月は5GBだったけど来月は1GB以下になった場合には自動的に請求額が1199円になるのです。

これはさすがに他のMVNOではありません、プラン変更をしないといけないですからね。

そういう煩わしさが無いのが良いところです。

料金

残念ながら通話に関してはどこの格安SIMも同じですが高いです。

30秒で20円かかりますので通話がメインの人にはおすすめできません。

子供用に検討しちゃいますよね

端末が安く、通信費は使った分だけになるため使わなければ安く、通話も出来るので親が2台持ちになったしてもコスト面で抑えることが出来るプランだと思うのです。

もちろん大人が使っても良いわけですから使い道は人それぞれ。

スマホの2台目を考えるならFREETELも候補に入れて検討するべきでしょう。

何よりも初期投資(端末)が安く済みますよね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>