楽天スマホに乗り換えする時に気を付ける5つの注意点

楽天スマホ乗り換え時の注意点

バカ高いスマホの利用料金を少しでも安く納めて浮いたお金を自由に使いたいと言う思いで格安スマホやSIMを検討する方は多いと思います。

また、高いことに気づいていながらどうしていいのかわからないと言う人も周りには沢山いるんですがなかなか前に進めないのが現状。

何故なら何をどうしたら安くなるのか?これがわからないのです。

ドコモなどのように近くにショップがあって直接聞くことが出来れば安心もします。

ところが格安スマホの場合はほとんどが、インターネットのホームページ上で冷たい活字の説明のみで問い合わせをしようと言う気にもならず、また何を聞いていいのかさえわからないのが現状です。

と言うのも私がそうだったからです(笑)このサイト自体は自分がわからなくて調べたことを備忘録にしておこう、そうすれば同じように悩んでいる方に少しはわかりやすく伝わるかな?

と思って書いているのです。

スポンサーリンク

楽天スマホに乗り換えようと思った時に注意したい点5つ

調べていてわかった事

格安スマホに乗り換え~とか色々調べているときって案外気がつかないもんで、ふと今使っているスマホのアプリが無くなったら困ることに気がつきました。

私の場合で恐縮ですがミラーレス一眼のカメラで撮影した写真をiPhone6に転送するアプリや、転送された写真をフリッカーなどに転送するアプリ、他にはLINE、ツイッター、フェイスブックなどその全てが使えるのかが心配になりました。

ここで「私は一から全てを構築していく~」と言う人はなんにも心配ないのでサクッと乗り換えを済ませてください^^

通話料はめちゃ高くなります

通話料は怖いぐらい高くなりますね、カケホーダイみたいなサービスはありませんから楽天スマホに乗り換えた瞬間から通話は高くなると思ったほうが良いです。

これは楽天モバイルだけに限らず全てのMVNO(通信事業者)の格安スマホがそういうことになってます。

楽天スマホの場合は「楽天でんわ」で基本半額になるサービスはありますが、スマホの用途が通話が主だと言う人の場合は現在使っている物のほうが遥かに安く済みますので注意してください。

お店が無いので相談窓口が無いです

これ、めちゃくちゃ大変です、ドコモやau、ソフトバンクのようにちょっと走ればショップがあるわけではありません、ほとんどのMVNOはインターネットを通して事業を起こしていますのですぐに問題が解決しない場合が多いです。

何か相談したくてもお問い合わせからのメールが主流になるので気をつけたいですね。

特によくわからずに家電量販店や大型のスーパーなどで購入した場合、その時は特設であったはずのショップが次に行ったらもう無いなんてことは普通に起こります。

電話かメールでの対応になるのでよく考えてから乗り換えしましょう。

おサイフケータイが使えない

これもアルアルで、格安スマホにはほとんどと言っていいほどありません、使い慣れた機能が無くなるのは覚悟しないといけません。

毎日のように使っている人は、おサイフケータイ機能がついた端末を用意するかセット購入を視野にいれて考えましょう。

楽天スマホではソニー製の高い端末がそれにあたります。

SNSが使えるか不安

これ個人的には結構問題なんですよね、仕事のメールなんだから普通に会社へメールをくれれば良いのにある人はツイッターからDM、ある人はフェイスブックでメール、ある人はLINEで・・なんてことになると本当にメンドクサイですが仕事ですから無視は出来ません。

とりあえずの解決方法はグーグルが提供しているGメールを作り、一括してそちらで受信できるように体制を整え、全てのSNSの登録メールアドレスを今のうちに変えておく。

その中でもLINEだけは今のところまだ問題が解決出来ていないのでなんともいえませんが恐らく、フェイスブック経由で認識されるんじゃないだろうかと思っていてアドレスを変えておきました。

最悪の時は仕方がないので諦めるとして出来ることは先にやっておくこと、間違ってもキャリアメールで登録したままなのは良くないので交換しておきましょう。

キャリアのメールアドレスが無くなる

あまり不安視はしていませんが上の項でSNSの登録アドレスを全て変えると言うことでGmailを作ることをお勧めしていますが、格安スマホに乗り換えたらキャリアメールは使えなくなります。

当たり前なんですけどね、なので今のうちからメールアドレスはキチンと変更しておきましょう。

楽天スマホに乗り換えるなら通信制限を頭に入れておこう

今回のまとめ

ついつい料金や端末のスペック、デザインだけに目が行きがちなんです。

ですが今回の注意点は良く調べてから乗り換えを行わないとあとからではどうにもなりません。

事前に調べてから乗換えしてくださいね、私も今LINEを調べている最中です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>