楽天スマホに乗り換えるなら通信制限を頭に入れておこう

楽天スマホの通信制限にご用心

今回は楽天スマホ(楽天モバイル)に乗り換えした場合のデメリットの一つである通信制限について書いておこうと思います。

普段は会社や家のwifiしか使わない人でもひとたびお買い物などで家から出たときに暇でやってしまうのがゲームだったりするわけですが、意外と通信使うんですよね、気をつけないと制限が掛かりますよって話。

楽天スマホに乗り換えする時に気を付ける5つの注意点

スポンサーリンク

直近3日間の帯域規制が厳しいので楽天スマホは注意してください

通信プラン3.1GBの場合

3.1GBの通話SIM(1600円)のパックの場合、直近3日間で合計540MBを超えると上り下り最大200kbpsに制限が掛けられます。

おそらく私が考える通信プランの中で一番微妙な所がこのプランなんじゃないかと思うわけです。

3日で540MBは普段使わなくても、いや普段使わないからこそ外出して暇な時間が長かったりした場合にあぶない容量なんですよね、気をつけましょうね。

通信プラン5GBの場合

5GBの通話SIM(2150円)のパックの場合、直近3日間で合計1GBを超えると上り下り最大200kbpsに制限が掛けられます。

やっぱり550円高くなってもこのプランのほうが安心度は高いように感じるけどどうなんでしょう?

通信プラン10GBの場合

10GBの通話SIM(2960円)のパックの場合、直近3日間で合計1.7GBを超えると上り下り最大200kbpsに制限が掛けられます。

共に制限が無ければ下り最大150Mbps上り最大50Mbpsとなっていますからもの凄い勢いで通信が遅くなります。

前にソフトバンクのiPhone6で一日に車移動中、往復5時間の間、大河ドラマをユーチューブで閲覧して、翌日にも30分ほど閲覧しましたら1GB制限に引っかかりました。

その時はどんなサイトも全てが遅かったのを覚えていますし泣きそうになりましたので気をつけないといけません。

抜け道としては容量を追加するしかありません

☆この画像は楽天モバイル公式サイトの画像を使っています。

楽天スマホ容量追加

万が一容量を超過して制限を受けたとしても「容量追加パック」でしのぐことは出来ます。

必要なのは、SIM電話番号とSIM番号を入力しないといけないようなのであらかじめメモ帳にでも記載しておいたほうが良いですね。

それが上記の画像で100MBで300円支払えば良いことになっています。

もともとベーシックプランを契約している場合は、容量追加パックは使えないことになっていますからここも注意ですね。

通信制限のまとめ

結構通信制限というのは経験するとわかるんですが必要な時に掛かってしまうのでとてもツライです。

普段から気をつける癖だけはつけたほうが良いですね、通信容量アプリもありますから確認は大事だと思います。

こうやって考えるとやっぱり5GBプランかな~と思う今日この頃です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>