楽天モバイルの格安スマホはこんな人に向いている

楽天モバイルの向き不向き

ツイッターやテレビなどのCM、ネット検索中に出てくる広告で「スマホの料金が半額になる?」なんて知ったことで興味が沸いた人は多いと思います。

実は私がそうなんですが、ある時CMを見て「ん?スマホ料金が安くなる??」と知ってから調べまくりました。

そこで今回はどんな方にこの楽天モバイルのスマホ+格安SIMが向いているのかを自分なりに考え独断と偏見のみで書いていこうかと思います。

スポンサーリンク

なんだかんだ言っても楽天モバイルに向くのはスマホ料金を節約したい人

家と会社がwifi環境の人

家の中と会社でwifiが使える環境なら通信量ってかなり少なく済むと思うんですね、通勤時間にもよりますけど、仮に家と会社が激近なんて人なら迷わず楽天スマホに行ったほうが良いですよ。

通勤が電車の人であってもwifi環境じゃない時はスマホ触らないとかが出来る人ならもってこいです。

参考記事楽天スマホに乗り換えるなら通信制限を頭に入れておこう

スマホで通話をほとんどしない人

電話ですね、通話するために電話機能があるんですがほとんどしないとか、無料通話が出来るアプリを使っているとか、メッセージのやりとりだけで満足している人。

またプライベートと違い仕事では仕事専用の電話があって自分のスマホを使わない人。

そういう使い方をしている人は間違いなく楽天スマホがあっていると思いますよ。

掛け放題とかなんとか割りとかそういうプランに入っていたとしても基本通話をしないのであれば間違いないです。

通信量をキチンとコントロール出来る人

普段から生真面目で毎回自分がどれぐらい使っているかとか、そういう事に興味があったり、ある程度習慣化した生活をしている人で電話しない人も対象になると思います。

たまにいますでしょ?何事にもキチンとコントロールが出来る人って、そういう人は楽天スマホで節約してください。

キャリアメールを使わない人

ドコモなら@docomoだったりソフトバンクなら@i.softbank.jpだったりと、大手の会社で契約している時に使うメールアドレスのことなんですけどコレを使わない人、例えばGメールをメインにしているとか、ヤフーメールだったりこういう方も間違いなく楽天スマホが向いている。

今使っているiPhone6にしても昔ドコモからソフトバンクへMNPした時にドコモのキャリアメールが使えなくなってからはもう使うことをやめました。

現在は全てGメールアドレスで全てに対応しています、Gメールならどんな端末でもパソコンでもネットに繋がって入ればログイン出来ますから便利ですよ。

楽天スマホに乗り換えする時に気を付ける5つの注意点

子供用とか自分が2台持ちしたい人

我が家もそうなんですがそろそろ子供用も考えなければいけなくなってきたんですが、スマホを2台持ちたいとかそういう理由で安く済ませたい方も向いているはずです。

複数のスマホを運用したいなら格安SIM+スマホで通話はしなくてもとりあえずの連絡用に準備するにもうってつけだと考えますね。

それこそ通話をしない約束をして田舎の親に持たせるのも有りだと思いますよ。

現在ドコモのスマホを使っている人

これはもの凄く羨ましい話なんですが仕方ないです、楽天モバイルはドコモの回線を間借りしているのでドコモのスマホを所持している人で月の利用料を低くしたい人は乗り換えるべきでしょうね。

端末代が必要ないのは物凄く助かると思いますよ。

ただ全部のスマホが使えるのかはわからないので確認は公式ページでしておきましょう。

楽天ポイントを使っている人

これはもう言うまでも無いですよね、楽天モバイルなんですからその支払いにも楽天のポイントがついてきます。

楽天市場でのお買い物であったり、銀行振り込みの振込み手数料だったりと使い道はめちゃくちゃ多いですよね。

なので普段から楽天のサービスを使っている人なら考える必要がないと思いますよ。

楽天スマホで利用料金が半額に出来る?楽天モバイルで賢く節約

今回のまとめ

うーん、結局どんな人に楽天モバイルのスマホが向いているかと考えた時に「今のスマホの利用料金を節約したい」と考える人全てになってしまうんですよね。

そんな中でもとくに上記に書いた項目に当たる人であれば乗り換えしたほうが良いし向いていると思いますがいかがでしょうか?

最後に楽天モバイルに向かない人として一例だけ上げておきます。

普段から用も無いのに通話を沢山する人には全く向いていないと思いますので注意してください。

詳しくは【楽天モバイル】公式サイトにて確認してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>