楽天スマホに溜まる写真をネットに預けるなら無料でなんとかする

楽天スマホに乗り換えてよくよく見てみたら本体の容量が16GBしかありませんでした。

購入したのはHUAWEI P8 liteと言うとても安い端末です。

楽天モバイルのこれぞ格安スマホだろう的なHUAWEI P8 lite

で、いつものように普段通りに使い始めると写真って結構撮影するじゃないですか?で困ったわけです。

スポンサーリンク

楽天で購入した格安スマホに溜まる写真はネットに預けて端末本体は軽くする

写真を無料で預けるサービスいろいろ

そこで今までiPhone6であれば本体自体に64GBの容量が入っていたので全く気にしなかったんですが、さすがに残りのストレージが7GBとか見るとちょっと不安になってきたのでSDカードを購入しようかと思ったんです。

ですが、まだやめておきます理由は端末本体に写真とかを入れっぱなしにしなきゃいいんでしょ?です。

ということでどんなサービスがあるのかをサラッと紹介しておきましょう。

どのサービスも基本は無料ですから安心してください。

Bot for Flickr
Bot for Flickr
開発元:iPont Software
無料
posted with アプリーチ
Googleフォト
Googleフォト
開発元:Google Inc.
無料
posted with アプリーチ

グーグルフォトもかなり有名で設定でアンドロイドの端末なら自動で転送してくれるようでうちの奥さんはそういう設定にしています。

ただ、端末本体に写真は残りますので自分で削除はしないといけませんけどね。

Picasa (Google+ photo) の完全なツール
Picasa (Google+ photo) の完全なツール
開発元:AppStair, Inc
¥120
posted with アプリーチ

グーグルのPICASA(ピカサ)も有名なサービスです、僕は過去の家族用写真の置き場所として使っています。

Dropbox
Dropbox
開発元:Dropbox
無料
posted with アプリーチ

Dropbox、使いやすさではコレなんですがいかんせん容量が少ないのであとは課金して使うしかないんです、さすがにそれは嫌なのでとりあえず的な置き場所として使いましょう。

Facebook
Facebook
開発元:Facebook, Inc.
無料
posted with アプリーチ

フェイスブックはかなり優秀だと思います、LINEにアルバムとして保存しておくよりも絶対こっちのほうが良いですよ。

フェイスブックのアルバム機能

最初からフェイスブックがあったなら僕はこれにしていたかも知れませんがグーグルのピカサが知ったときには気がつかなかったんですよね、おしいです。

写真をアップロードするアプリ

で、それぞれのサービスに写真をアップロードしないといけません、この手間が無いのがグーグルフォトなんですが、いかんせんいつサービスが終了するかわからない困ったちゃんです。

Flickr Uploader (7 days Trial)
Flickr Uploader (7 days Trial)
無料
posted with アプリーチ

一番上に紹介しているFlickrへ写真を転送するためのアプリがこれですね。

僕もつい何日か前に見つけてようやく端末の写真を全部送って軽くしました。

それでも完全無料では無いみたいで現在はまだ困ってますのでグーグル+に自動バックアップされているので必要であればそこから写真を送る方法を今考えています。

まだまだ沢山ありますね~フェイスブック・グーグル+・グーグルフォト・ピカサなどほんとにたくさんのサービスがあるので悩みますけど、全くわけわからん人ならフェイスブックは使いやすいかも知れませんよ。

何故ならフェイスブックと言うサービスがそう簡単に無くなるとは思わないからなんですよ。

使用者が減ったとは言え、世界ではまだ使う人が多いですからね、その点LINEはいつまで続くかわからないから怖いしサイズも小さくなってしまいますから気をつけましょう。

今回のまとめ

写真を預けるための設定がメンドクサイからっていつまでもSDカードに保存しておくとそのうち泣きますよ、マジで。

うちの奥さんは3回ぐらい32GBいっぱいの写真が壊れて復元出来なくなりマジで泣いてましたからね。

そういうのを見るとやっぱり預けたほうが安心だし安全ですからね。

せっかくの格安スマホですからお得にいきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>