「楽天モバイル」P8liteからiPhoneSEへ端末変更した結果

iPhoneSEにnanoSIMを入れる

楽天モバイルへ乗り換えて1年、端末は楽天モバイルで購入したアンドロイドスマホのP8liteを使って過ごしました。

しかしながら使いにくくて電話機能とLINE以外は全てwifi環境下にてiPhone6プラスを使う二重スマホ生活をしていたんですがメンドクサイので今回は端末を変更。

P8liteからiPhoneSEへ端末変更してスマホ生活は向上したのか?

そんなところを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

快適なiPhoneSE受信感度良好ポケモンGOもやりやすく手に馴染みます

iPhoneSEの入手と6プラスの売却

銀座のアップルにて箱無し、初期化無しのiPhone6プラス本体だけを持ち込みました。

買取価格は30000円でとくに問題も無くスムーズに進む。

新たにiPhoneSEの64GBを購入、約6万円から買取価格30000円を差し引いての請求になりますのでカードで一括決済。

microSIMからnanoSIMへサイズダウン

P8liteからiPhoneSEへ端末を変更するとSIMサイズが変わります(手数料4000円)

iPhoneSEのSIMサイズは「nanoSIM」になるので注意です。

銀座アップルからほど近い場所に楽天モバイルの銀座店があるので寄ってその場でSIMサイズ変更を試みると店舗では受け付けてくれませんでした。

理由は定かではありません(店員が答えられなかった)が契約から1年を過ぎるとSIMサイズの変更が店舗では出来ないらしくWEBからの申請になるようです。

楽天カスタマーセンターTEL: 0800-600-0000(9:00-18:00 年中無休)

もしSIMサイズの変更を考えるのであればメールよりも上記に電話したほうが圧倒的に早いです。

SIMサイズ変更に必要な情報

・サイズ変更前のSIMサイズ:
・サイズ変更後のSIMサイズ:
・サイズ変更ご希望のSIM電話番号:
・ご契約名義:
・ご登録の連絡先電話番号:
  ※自宅の固定電話、他の携帯電話など
・ご登録の住所:
・ユーザーID:
 (ra+11桁の数字)

上記の情報は電話で聞かれるので必ず用意してから問い合わせよう。

nanoSIMは3日で到着しました

楽天モバイルのSIMが送付された

電話での申請後の翌日昼過ぎにP8liteの受信が消えた→翌日の夕方にはnanoSIMが到着。

nanoSIMをiPhoneSEで使うための順序

簡単に説明

iPhoneSEの電源を切る→nanoSIMを差込→iPhoneSEの電源を入れる→APN設定

らしいですが、僕のiPhoneSEはnanoSIMを入れたとたんに電波を受信しました(笑)

それでも一応APN設定はしておきましたが・・・

楽天から送られた書類にSIMカードが挟まっている。

楽天モバイルから送付されたSIMカードは赤い枠にある

書類を開くとちゃんとありました↑赤い枠の中。

nanoSIMカードを取り外す

壊れないようにやさしくはずす。

iPhoneSEにnanoSIMを入れる

SIMカードを入れるためにひらく

nanoSIMをいれてあげる

上の画像のように入れてあげて電源をいれてあげれば終了。

APN設定で必要な情報は以下の画像で。

楽天メンバーステーションの申込種別を調べる

楽天メンバーステーションにログインして自分の申し込み種別を調べてダウンロードしてください。

APN設定←わからなーいと言う方は楽天の設定方法を熟読してみてくださいね。

使っていたSIMの返却

これまたメンドクサイのですが今まで使っていたSIMカードを返却しないといけないみたいです。

・古いSIMカードの返送先住所は下記となります
 ◆2015年10月6日以降にWebでお申し込みの方の返却先
   〒107-0052 東京都港区赤坂4-2-19 赤坂SHASTA・EAST 5F
     楽天モバイルSIM返却係

 ◆2015年10月5日以前にお申し込みの方の返却先
     〒338-0824 埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1
     物流センターSIM返却係

契約した日によって返却場所(住所)が違うので面倒でもやっておきましょう。

SIM返却をしないとまずい

よくわからないので上のようにして返却しました。

端末変更の結果はとても良好です

まずもって操作がとても快適です、大きさは小さいかな?と思いましたが全く違和感なく操作が出来るし全てのスピードが速い。

64GBなので写真も入れておけるしゲームも快適です、最近流行りのポケモンGOも少しやっていますがめちゃ快適で止まったりしなくなりました。

ただ、通信制限が怖いので使いませんけどねw

電波の入り方にも違いがあってとても良好です。

やはりP8liteとは電話機そのものが全く違いますのでストレスフリーになりましたし、スマホ2台持ちにする必要もなくなったのでとても荷物が軽くなりました。

今回使ったお金の行方

備忘録的に書いておきます。

端末本体税込み請求35000円ぐらい。

SIMサイズ変更請求4000円。

合計4万円ぐらいをどれぐらいで回収出来るでしょうか?恐らく半年ですね。

こんな感じになります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加