楽天スマホに乗り換えてみた初めての感想は不安も無く簡単だった

楽天カフェ渋谷店

悩みに悩んで最後には楽天スマホ(楽天モバイル)に落ち着きました。

途中心を揺さぶる通信料は使った分だけFREETELと言うMVNOが気になるが出てきたりしましたが、自分の中ではやはり楽天だろうと思い、猛暑の中、渋谷の楽天カフェまで行ってまいりました。

スポンサーリンク

所要時間1時間、楽天モバイルへの乗り換えはスムーズに終了

その日の朝にMNP予約番号を取得する

朝、今日は昼から渋谷へ行こうと嫁さんと話をして、ソフトバンクへ連絡する。

MNP予約番号が欲しいですと伝えるとかなりの勢いでアレコレと説得工作が始まる、残債が多い、今だと解約金とMNP事務手数料で13000円ぐらい掛かってしまう。

ソフトバンクから楽天スマホへMNP乗り換えでいくらかかるの?

あげくには今なら30000ポイント進呈致しますので次の端末代の足しにでも・・・なんて言ってきますが無視して先へ進めましょう。

予約番号は今使っているスマホのメッセージに入ります。

楽天カフェに行ってからMNP予約番号を取得してもOKです

有効期限は15日、ネットを使って乗り換えをするのであればすぐにやらないと有効期限が残り5日ぐらいだと受付出来ない可能性が高いです。

渋谷の楽天カフェで乗り換え実行

楽天スマホ乗り換えを即日で行いたい時は楽天カフェへでも書いている通り、即日で乗り換えをしたい場合はお近くの各店舗にて行う。

僕は渋谷へ行ってやってきました。

楽天カフェに並ぶ端末

楽天カフェの店内に並ぶ取り扱い端末がズラ~と並んでいるので気になる人は一通り手にしてみましょう。

ちなみにネットからの契約であれば端末代金は一括購入もしくわ分割購入が選べますが、店舗での端末購入は一括購入のみになりますので注意してください。

僕は一番安いP8 liteと言う端末を購入することを決めていたので(節約の為に)他の端末には目もくれずに受け付けカウンターへ行く。

楽天モバイルのこれぞ格安スマホだろう的なHUAWEI P8 lite

楽天カフェのカウンター業務

いがいにも空いていて待ち時間10分ぐらいですぐにカウンターへいきました。

iPadで進める

身分証明が出来る物と、クレジットカードとMNP予約番号があれば話はスムーズに進みます。

また楽天会員であれば会員として上のiPadの中でログインすればめちゃくちゃスムーズに進みます。

本人確認書類もiPadで撮影する

運転免許証をコピーするのかと思ったら撮影してそのまま取り込んでいました。

端末の傷の確認

出てきたP8liteの傷などの確認をして先に進みます。

SIM装着

SIMの装着は我々契約者が行います(原則としてね)

でも僕がやるとうまく入らなかったので店員さんがやってくれました(笑)

設定

いろいろと設定をしていきます。

わからなくても全く問題ありません、とりあえず通話とネットが出来るように設定は教えてもらいながら自分で行いますよ。

楽天でんわアプリの登録

わすれちゃいけないのが楽天でんわアプリの登録ですね。

楽天スマホの端末に初めから入っているアプリ4つ 

こちらもキチンと店員さんが教えてくれますのでやっちゃいましょう。

あっと言う間の1時間

最初にだいたいの所要時間を告げられます、それでも1時間ってあっという間に終ります。

すべての設定も店員が教えてくれるのでなんの不安もありませんでした。

最後に個人情報をワンサカとこのiPadに入力したり、免許の写真も取れられていますが全てお客様の前で削除してくれます。

キチンと個人情報も扱っていますね。

楽天カフェが近く即日乗り換えが希望なら行くべし

ネットから注文するとどうしても電話が出来ない期間が存在します、仕事とかそういうので使っている場合ちょっと躊躇しちゃいますが、店舗が近いなら行くほうが早いですよ。

ただ端末代は一括購入だけになるので計画的にお願いします。

今回のまとめ

あっと言う間になんの不安も無く終了しました。

乗り換えってこんなに簡単だったんだと身をもって体験させてもらった。

端末代を一括購入したことで今回3.1GBのプランで契約したので毎月の支払いが(基本料)1600円になりました。

楽天スマホにした場合とソフトバンクiPhone6の料金比較

まだ嫁さんが乗り換えしていないので今回の僕の乗り換えを見て、実際の使い心地を確認してから実行する予定です。

夫婦そろって【楽天モバイル】 になればかなりの節約が出来ます、お試しくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>