楽天モバイルなら使う通信量だけ使わない通信量にお金を払うのは無駄

家計の見直しの観点からも普段使っているスマホのデータ通信費は見直す必要がある。

普段無駄に支払い過ぎている事実を知ったら乗り換えするしかありませんね、それが一番の節約になりますよ。

スポンサーリンク

使わない通信量に対して沢山のお金を払っている事実

例えばソフトバンクの場合

大手3大キャリアのau・ソフトバンク・ドコモの通信費の詳細を知っているだろうか?

例えば私の場合はソフトバンクで毎月7GBまでの料金を払っているわけです。

そして以下が実際に1ヶ月に使用している通信量です。

1ヶ月の使用量

上の画像はマイソフトバンクの画像をキャプチャしたものです。

次も同じような使用量ですね。

1ヶ月の使用量その2

ですがこれは、過去に3日で1GB制限を知らずに受けてしまってから気をつけるようにした結果です。

<参考記事>楽天スマホに乗り換えるなら通信制限を頭に入れておこう

それでもだいたい一ヶ月に2GBあれば普通に生活は出来るわけですから普段どれだけ高いお金を払っているのかがわかると思います。

ソフトバンク内訳

なぜならソフトバンクの通信量は概ね5000円だとした場合、楽天モバイルでは下の図にもあるように3.1GBのプランでもわずか1600円で済んでしまうからです、その差は3400円、この価格差が格安と言われる所だろうと思います。

もちろん単純に計算しただけですけどね。

ですからNTTコムリサーチさんのスマートフォンのデータ通信量と月額料金に関する調査 – NTTコム リサーチ 調査結果に書いている通りで一人あたりの月の通信量が2GB未満の人が多いのにもうなづけますね。

楽天モバイルなら自分が使う量のデータ通信費を選ぶことが可能

画像は楽天モバイルから引用しています

楽天モバイル料金表

上の画像が楽天モバイルさんのデータ通信費一覧です。

通話の出来るSIMで見るとベーシック・3.1GB・5GB・10GBと4種類のプランが選べるので、ほとんどのスマホを普通にしか使わない人は3.1GBで十分だと言うわけです。

それでも不安な場合に楽天なら簡単にプランの変更が可能です。

プラン変更も楽天なら簡単

例えば3.1GBプランで使っていて、うっかり超過した場合に翌月からはプランを変更したい時ってあると思うんです、ほかには急に仕事での使用頻度が高くなりそうなので来月はプランを上げておこうってときにも使える。

この場合3.1GBプランと5GBプランの価格の差はわずか550円なんですね。

ですから気にせず使いやすいようにプランを変更することも可能です。

それほど使わなかった場合には余ったデータを翌月に繰り越すことも出来るのです。

いずれにせよ専用のアプリでデータ通信量を確認しながら進めるようにしたほうがいいですね。

以上のように使わない通信料の為に高い料金を払い続けるのはちょっと損し過ぎだと思うんです。

なのでもし家計の節約などを考えるのであれば楽天モバイルに乗り換えをおすすめしますし、他のMVNOでもそれは可能です(他のMVNOのサービスはわかりませんが価格は概ね横ばいです)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>